美白化粧品&美白スキンケアの美白工房

美肌力の秘密はイオン

 美白工房シリーズの美肌の秘密はミネラルマイナスイオンにあり!!

トラブル肌を健康的な美肌に導く美白工房スキンケアシリーズの最大の特徴は
開発など人の手に汚されていない本当の秘湯から採取した、
天然ミネラルマイナスイオンをたっぷり含むイオン鉱泉剤を配合していることにあります。

では、なぜ、天然ミネラルマイナスイオンが美肌を育てるのか
その秘密をご説明しましょう!!

マイナスイオンって何?あなたはちゃんと説明できますか?

「健康に美しく」というキャッチコピーとともにエアコンや空気清浄機、ドライヤー、
女性向けのコンパクトカーのカーエアコンにまで登場している“マイナスイオン”。

マイナスイオンと聞くと、なんとなく体に良さそうだからと、
マイナスイオンの機能がついている製品を選んでしまう方も多いみたいです。

でも、

マイナスイオンって何?どんな働きがあるの?

・・・と聞かれると、皆さん、ちゃんと答えられますか?
もしかすると、ほとんどの人が首をかしげてしまうのではないでしょうか。

ふつう、プラスとマイナスがあれば、プラスの方が良いように思いますね。
なのに、なぜ、イオンはマイナスの方が体にいいのでしょう?

実は誰でも知っているマイナスイオン!?

ちょっと、子どもの頃にやった理科の実験を思い出してみましょう!

電解質溶液の入ったビーカーに電極棒を入れて電圧を加えると・・・
プラスイオンは陰極へ、マイナスイオンは陽極に向かって動きます。
そのとき、溶液の中を電流が流れるんでしたね。

この液の中を移動しているイオンというのは「電荷をもつ(電気を帯びた)原子」です。

イオンには、正の電荷をもつプラスイオンと負の電荷をもつマイナスイオンがあって、
空気中や私たちの体の中にも存在しているのです。

今、私たちが“マイナスイオン”と呼んでいるものを簡単に説明すると、

空気中にある水の小さな粒がマイナスの電気を帯びたもの

私たちは、毎日、呼吸しながら酸素と一緒にこのイオンを体内に取り込んでいます。

実験では、溶解液の中をイオンが移動していましたが
人間の体も約70%が水、やはり、その水の中をイオンは移動しているのです。

私たちの体の中のマイナスイオンは何をしているの?

そのマイナスイオンがどんな働きをしているかというと・・・

人の体をつくっている細胞は、細胞膜に包まれています。
その細胞膜は、外側がプラス、内側がマイナスの電気状態になっています。

そこに、「マイナスイオン照射」が行われると、さっきの実験と同じように電流が流れます。
すると、細胞の中から老廃物が出ていって、外からは栄養分が入ってきます。

つまり、マイナスイオンによって細胞の新陳代謝が行われているわけです。

では、もうひとつのプラスイオンはどんな働きをしているのでしょう?

マイナスイオンの逆のプラスイオンは?

では、もうひとつのプラスイオンはどんな働きをしているのでしょう?

私たちは、毎日呼吸しています。

呼吸は、体に必要な「酸素」を体内に取り込むためのものですが、
このとき、空気中のマイナスイオンだけでなくプラスイオンも体に取り込んでいます。

この取り込むイオンのマイナスイオンが多いと体はアルカリ性に保たれるのですが、
プラスイオンが多いと酸性に偏ってしまいます。

しかも、一緒に取り込んでいる酸素のうち、99%はただの水となるのですが、
残り1%は「活性酸素」になってしまいます。

このプラスイオンも活性酸素も、体を酸化してしまいます。

プラスイオンで酸化・・・そのとき、お肌は?

よくスキンケアで「お肌がさびる」という表現を目にしますが、
「さびる」というのは「酸化する」ということです。

では、酸化とは、どんな状態になることでしょう?

それは・・・

体をつくっている細胞やDNA、細胞膜などの構成要素である電子が奪われた状態

を言いますが、こうなると、恐ろしいことがおこるのです。

まず、細胞膜が酸化してしまうと、細胞膜は固くなってしまいます。

そうすると、細胞は酵素や栄養を中に取り入れることも、
中にたまった老廃物を外に出すことも出来なくなってしまいますね。

つまり、新陳代謝がうまく出来なくなってしまうわけです。

細胞膜の酸化した細胞は、そのまま老化して、固くなり、色がくすんでしまいます。
お肌が老化して、ハリがなくなり、しわができて、くすんでくるのはこのせいなのです。

それに、細胞が酸化するとDNAも狂ってしまうので、
シミのもとになるメラニンを異常につくり続けることもあります。

また、DNAがあちこちで切れてしまうと、正常な細胞がつくられなくなるので、
あちこちに壊れた細胞がそのまま残ってしまい、新陳代謝が正常に行われないせいで、
壊れた異常な細胞がお肌の奥にこびりついてしまったりもします。

こうして、どんなにスキンケアをしても、取れないシミが出来てしまうわけです。

プラスイオンの美肌への影響(まとめ)

少しまとめてみましょう。

この“プラスイオン”や酸素が体内で危険に変化した“活性酸素”が増えてしまうと・・・

アルカリ性に保たれていないといけない体が酸性になります。
細胞の膜が酸化して固くなり、新陳代謝が行われなくなります。
酸化した細胞はそのまま老化し、肌のしわやたるみ、くすみの原因になります
細胞が酸化するとDNAが狂い、シミの元のメラニンを異常につくり続けます。
DNAがあちこちで切れて正常な細胞がつくられなくなります。
新陳代謝が行われにくい為、壊れた細胞がそのまま残って頑固なシミになります。

オフィスのパソコンなどのOA機器、テレビや電子レンジなど家電製品の出す電磁波、
接着剤の使われている壁紙や床、ホコリやタバコの煙の多い部屋、車の排気ガス、などなど
現代生活では、体を酸化させてしまうプラスイオンや活性酸素が発生する原因がいっぱい。

ふつうにスキンケアを行っているだけでは、なかなか美肌になるのは難しいのです。

お肌のさびにストップ!!

“マイナスイオン”や“活性酸素”による「酸化」とは、
『細胞やDNA、細胞膜などの必要な電子が奪われた状態』と説明しました。

では、そのまま、お肌はさびてしまうしかないでしょうか?

そこで、活躍してくれるのがマイナスイオンです。

実は、“マイナスイオン”は、マイナス電子をよぶんに持っていて、
“プラスイオン”や“活性酸素”によって奪われたマイナス電子の代わりに、
自分のマイナス電子をあげることで還元することが出来ます。

つまり、酸化を抑えることが出来るのです。

そんな“マイナスイオン”の働きは・・・

「マイナスイオン照射」によって、細胞の膜に電気を流します
新陳代謝を促進し、細胞の生命活動を助けています。
プラスイオンや活性酸素による酸化を抑える働きがあります。
新陳代謝をつかさどる自律神経や内分泌の機能を活発にし、血行を促進します。
マイナスイオンの多い環境ではストレスが減ります。

美肌を育てるにはマイナスイオン!

つまり、マイナスイオンは、体やお肌を酸化から守り、 お肌の新陳代謝を活発にして、肌細胞が生まれてから垢になってはがれ落ちるまでのターンオーナーを正常にしてくれるというわけです。

まさに、マイナスイオンは、美と健康と若さの源の「美肌イオン」。

そのため、健康で美しいお肌を育てる美白工房スキンケアシリーズには、健康な身体に不可欠の天然ミネラルがマイナスイオン化した天然ミネラルマイナスイオンがたっぷりと配合されているというわけです。

ご注文・お問合わせお気軽に! TEL 0120-189-760 10:00〜19:00(水曜除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP